鎌田屋商店 

鎌田屋商店のこだわり

つがる漬の製造・販売元 鎌田屋商店 < つがる漬、原料へのこだわり >

「味は素材から」との考えに基づき、一品一品吟味した素材を使用しております。
なお、数の子は薄皮を丹念に一つひとつ手で取り除いております。
手間と時間を惜しまず、何よりも「味」と、「安心」を。

数の子

厳選された新鮮な数の子を、一つひとつ手作業で薄皮をむいて「ポリポリ」とした食感を味わえるように工夫しています。

天然昆布

上質な昆布を細心の温度管理で使用しております。豊富に含まれたグルタミン酸は、つがる漬の風味を一層引き出します。

青森県産大根

土地柄豊かな黒土に恵まれ、新鮮で質の良い大根が、より一層の歯ごたえと風味を味わえます。

スルメ

スルメは、低脂肪、低カロリーの食品です。旨味がギュッと詰まったスルメはつがる漬の味を一層引き立てます。

鎌田屋特選醤油

津軽の醸造元でじっくりと造られた特選醤油を使用し、つがる漬を素材が生きた深みのある味わいに整えます。

  



環境への配慮について

 令和元年秋、鎌田屋商店では第2冷凍庫の設備を更新し、自然冷媒であるCO₂冷媒を採用した冷凍冷蔵設備を導入しました。
CO₂冷媒は従来の代替フロンに比べ地球温暖化係数が約1/2000~1/4000と非常に小さく、温室効果ガスの排出量を大幅に削減することができます。
自然冷媒を採用したシステムは省エネ効果が高く、第2冷凍庫では従来の代替フロンを採用した設備に比較して年間25.1%の省エネを計画しています。また省エネと直接漏洩排出量の合計で従来のフロン設備に比較して約58.9%のCO₂削減が可能になります。
 鎌田屋商店は事業の発展とともに温室効果ガスの排出削減をはじめとする地球環境問題にも配慮した事業活動をすすめて参ります。